中央社会保険医療協議会 総会(第357回)

中央社会保険医療協議会 総会(第357回)が7月26日に開催され、資料は厚生労働省のホームページに記載されている。
議題は下記の3点。
○医療機器の保険適用について
○先進医療会議の検討結果報告について
○個別事項(その1:精神、認知症)について

個別事項では、認知症治療病棟入院料、老人性認知症疾患療養病棟に関する検討状況、老人性認知症疾患療養病棟の現状などの資料が出されている。

認知症治療病棟入院料については、今後の高齢者の増加が見込まれる中で、限られた医療資源を有効活用し、より効果的な認知症の入院医療を提供できるよう、

・ BPSD (認知症に伴う行動・心理症状)や身体合併症を有する認知症患者への対応のあり方
・ 入院日数等の実態を踏まえた、入退院支援のあり方
・ 介護サービスとの円滑な連携の推進
といった観点を踏まえ、更なる調査結果等を分析し、引き続き議論してはどうかと課題が挙げられている。

個別事項(その1:精神、認知症)


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ