中央社会保険医療協議会 総会(第361回)

中央社会保険医療協議会 総会(第361回)
9月27日に中医協総会が開催され、下記の厚生労働省のホームページに資料が掲載されています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000178595.html
議題は下記のとおり。

○臨床検査の保険適用について
○診療報酬基本問題小委員会からの報告について
○横断的事項(その3)について
○最適使用推進ガイドラインについて
○最近の医療費の動向について

横断的事項(その3)は、診療報酬に係る事務の効率化・合理化及び診療報酬の情報の利活用等を見据えた対応について
ということで、診療報酬に係る事務の効率化・合理化や診療報酬に係る情報の利活用の観点からいくつか課題が提案されている。
事務処理の簡素化がすすめる一方で、レセプトに患者の住所地の郵便番号(7桁)及び氏名のカタカナ記載を求めるといったデータ収集のために医療機関に負担を課す提案もされている。

横断的事項(その3)


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ