中央社会保険医療協議会 総会(第375回)

12月1日に中央社会保険医療協議会 総会(第375回)が開催され、資料が厚生労働省のホームページに掲載されている。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000185875.html

議題は横断的事項(その5)についてで下記の4点。
1.地域包括診療料等
2.薬剤の適正使用の推進
3.遠隔診療(情報通信機器を用いた診療)
4.情報通信技術(ICT)を活用した連携
1では地域包括診療加算について、患者の同意取得の見直し、在宅医療の提供や24時間対応を要件ではなく実績を別に評価するなど要件緩和の方向性が出されている。
3の遠隔診療に関しては、オンラインの診察について電話等再診と区別した報酬の設定、オンライン診察を対面診療に併用する場合の医学管理を新たに評価するが点数は低い報酬とすることなどの論点が出されている。

横断的事項(その5)


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ