中央社会保険医療協議会 総会(第379回)

12月15日に中央社会保険医療協議会 総会(第379回)が開催され、資料が厚生労働省のホームページに掲載されている。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000187694.html

議題は下記の通り。
平成30年度診療報酬改定について公益委員案が提示されているが、前回、支払側と診療側で改定率について意見が分かれた点については、「厚生労働大臣におかれては、これまでの本協議会の議論を踏まえ、平成 30 年度予算編成に当たって、診療報酬改定に係る改定率の設定に関し適切な対応を求めるものである。」と述べるにとどまった。

平成30 年度診療報酬改定について

1 平成30年度診療報酬改定への意見について(公益委員案の提示)
2 平成30年度保険医療材料制度改革の骨子(案)について
3 個別事項(その7)
4 個別事項(その8)

個別事項(その8)では、保険医療機関に所属しない個人の病理医との連携により病理診断を行う場合の病理診断料の取り扱い、常勤の麻酔科医による総合的な医学管理をより重視するよう、麻酔科の診療に係る評価の在り方を見直しなどが課題とされている。