診療報酬3回連続マイナス ネットでマイナス1.19%以上

厚生労働省は12月18日に予算大臣折衝を踏まえた結果として次回診療報酬等の改定率を公表した。
診療報酬改定は、以下のとおり。

診療報酬本体改定 +0.55%
(各科改定率 )
医科 +0.63%
歯科 +0.69%
調剤 +0.19%
薬価     ▲1.65%
材料価格   ▲0.09%

いわゆるネットの改定率ではマイナス1.19%の改定で、3回連続でのマイナス改定となる。
本体部分の0.55%は国費で約600億円とされており、診療報酬全体で約1300億円の国費の削減と推計される。
更に、上記のほか、いわゆる大型門前薬局に対する評価の適正化の措置を講ずるとしており、
国費で約60億との報道もあり、改定率に換算するとマイナス0.055%にあたる。
このほか、介護報酬改定は+0.54%、障害福祉サービス等報酬改定+0.47%とされた。

診療報酬・介護報酬・障害福祉サービス等報酬改定について


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ