中央社会保険医療協議会 総会(第386回)

1月24日に中央社会保険医療協議会 総会(第386回)が開催され、
資料が厚生労働省のホームページに掲載されています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000191961.html

議題は下記の通り。

○個別改定項目(その1)について
○入院医療(その11)について
○平成28年度DPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」の結果報告について(案)

個別改定項目については、平成30年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(現時点の骨子)の内容に沿って、点数は明示していませんが具体的な改定の概要が新旧対照で
示されています。

例えば初診料に関しては医科、歯科ともに施設基準を設けています。
医科ではかかりつけ医機能を有する医療機関の初診料に新たに機能強化加算を設けますが、
地域包括診療加算や在宅時医学総合管理料(在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院に限る。)など特定の届け出医療機関に限定する。
歯科では初・再診料に院内感染防止対策に関する施設基準を設けて引き上げますが、一方で、
施設基準の届出がない医療機関の初再診料を減算する仕組みの導入する方向です。

個別改定項目(その1)について


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ