疑義解釈資料の送付について(その5)

厚生労働省から、7月10日付の疑義解釈事務連絡が出されています。

医科では、機能強化加算や電話再診、オンライン診療など27問。歯科では、か強診の施設基準における重症化予防に資する研修の内容や歯科疾患管理料の算定など13問について疑義解釈が示されています。

疑義解釈の送付について(その5)