疑義解釈資料の送付について(その6)—厚労省

厚生労働省は7月20日、疑義解釈資料の送付について(その6)を通知した。

内容は医科、歯科共通で特別療養環境室(いわゆる差額ベッド)の料金について、特別療養環境室以外の病室の病床が満床であった場合の特別料金の徴収について、従前と変更はないものの、不適切な事例が報告されていることから、取り扱いについて周知するものである。

その他は調剤に関するもので、特区で可能となった遠隔服薬指導などが掲載されている。

疑義解釈資料の送付について(その6)


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ