改元に伴う保険医療事務の取扱いについて

改元に伴う保険医療事務の取扱いについて

本年5月1日の改元に関連して、4月22日付けで厚生労働省から「改元に伴う保険医療事務の取扱いについて」通知が出されました。また、4月1日には、新元号への円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議申合せが公表されています。通知の概要は以下の通り。

1、診療録(医科・歯科)、処方箋、診療報酬請求書、診療報酬明細書(レセプト)等については、5月上旬に厚生労働省令・告示の改正が行われ、新様式が示される予定ですが、5月1日以降も、改正前の様式を、訂正印や手書きによる訂正等により、取り繕って使用することができます。
2、4月30日までに作成し公にするものについては、原則は改元日以降の日時は引き続き「平成」で表記することとされていますが、
○改元日前に、「令和」により改元日以降の日時が表記されている場合
○改元日以降に、「平成」により改元日以降の日時が表記されている場合
のいずれも有効とされています。
3、上記の取り扱いは、厚労省が通知等で定める様式でも同様です。例えば、診療情報提供書や訪問看護指示書、各種計画書など、診療報酬点数表等で示されている書式も同様の取り扱いとなります。

関連資料・通知

改元に伴う保険医療事務の取扱いについて

改元に伴う元号表記について


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ