平成26年度診療報酬改定の基本方針がまとまる

社会保障審議会医療保険部会及び医療部会において平成26年度診療報酬改定の基本方針が取りまとめられた。
医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実等を重点課題とし、入院医療では7対1入院基本料算定病床の絞込みなど病床区分の整理、外来医療では複数の慢性疾患を持つ患者の主治医機能の評価や医科、歯科ともに在宅医療の推進(ただし訪問診療は抑制)などが掲げられている。また、消費税率引き上げについては診療報酬で対応することとし、初再診料への上乗せを中心とすることとされた。

保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ