伊那市、駒ヶ根市、小諸市で子ども医療費の助成対象広がる

長野県がまとめた8月1日現在の乳幼児医療費の助成状況では、8月より伊那市、駒ヶ根市が従来中学生までだった対象を入院に限り高校生まで広げた。
また、県の調査以降に小諸市でも10月から入院、外来ともに高校生まで(満18歳に達する日以降最初の3月31日までの子ども)対象を拡大している。
本年4月から飯田市が市部でははじめて子ども医療費の助成を高校生まで拡大したが、今後も市部で対象年齢の拡大が進むことが期待される。

長野県の福祉医療実施状況(2016/08/01現在)