読売報道を受け、厚労省が「歯科医療機関における院内感染対策について」通知

2014年5月18日の読売新聞に、「歯削る機器7割使い回し 滅菌せず院内感染懸念」との見出しの記事が掲載されました。

これに関連して、6月4日に厚生労働省医政局より都道府県知事、保健所設置市長及び特別区長あてに「歯科医療機関における院内感染対策について」といった通知が出されました。内容は「一般歯科診療時の院内感染対策に係る指針」を参考に歯科医療機関の院内感染対策の啓発を求めるものです。同指針では「使用したハンドピースは患者ごとに交換し、オートクレープ滅菌することが強く勧められる」とされています。歯科医療機関における院内感染対策について(通知)

別添 一般歯科診療時の院内感染対策に係る指針


保険医協会の三大共済

病気やけがによる休業時の復業支援のための共済制度です。法的認可と専門家の協力を得て、充実した保障で医業を守ります
詳細へ

公的保障の乏しい開業医のための、老後保障と中長期の資金運用に利用できる大型の年金制度です。 募集期間は5月~6月です。
詳細へ

万一の死亡・高度障害に備えた掛け捨ての死亡保障です。 長野県保険医協会会員を団体とすることで割安な保険料で大きな保障が得られます。
詳細へ