米国医療の実態から見た日本の医療を考える

県保険医協会が構成団体になっている県医療団体連絡懇談会及び県社会保障推進協議会の主催により、元ハーバード大医学部助教授で現在文筆業に専念の医師・李啓充氏による「米国医療の実態から見た日本の医療を考える~新自由主義と国民皆保険の将来~」テーマの講演会が長野市で開催されます。
日 時 2011年11月27日(日)午後1時~3時(開場12:30)
会 場 長野市の「勤労者女性会館しなのき」
(電話026-237-8300)
演 題
「米国医療の実態から見た日本の医療を考える
~新自由主義と国民皆保険の将来~」

講 師 李啓充氏(文筆家・元ハーバード大医学部助教授)
入場無料(一般公開)
※会場は、長野電鉄「権堂」駅下車徒歩3分ほど。
   会場には駐車場がないため、付近の長電権堂 パーキング等の有料駐車場をご利用下さい。
 ※申し込みは、県保険医協会(電話026-226-0086)まで。